労災保険に関する情報の提供を行うとともに、各種支援を行っております。

特別加入の概要(3) 一人親方等

補償の対象となる範囲

 特別加入している方については、業務災害又は通勤災害を被った場合に労災保険から給付が行われます。

1.業務災害について

 保険給付の対象となる災害は、加入対象に応じて次の業務を行っていた場合(業務遂行性)に限られています。
 また、災害がその業務によって生じたものであるかどうか(業務起因性)の判断は労働者の場合に準じることとされています。

ア.個人タクシー業者及び個人貨物運送業者
  • 免許等を受けた事業の範囲内において事業用自動車を運転する作業(運転補助作業を含みます。)、貨物の積み卸し作業及びこれらに直接附帯する行為を行う場合
イ.建設業の一人親方等
  • 請負契約に直接必要な行為を行う場合
  • 請負工事現場における作業及びこれに直接附帯する行為を行う場合
  • 請負契約に基づくものであることが明らかな作業を自家内作業場において行う場合
  • 請負工事に係る機械及び製品を運搬する作業及びこれに直接附帯する行為を行う場合
  • 台風や火災などの突発事故等による予定外の緊急出勤の途上
ウ.漁船による自営漁業者
  • 水産動植物の採捕、これに直接必要な用船中の作業及びこれらに直接附帯する行為を行う場合
  • 最終の発地から漁船まで、又は漁船から最初の着地までの間において行為を行う場合
エ.林業の一人親方等
  • 森林の中の作業地、木材の搬出のための作業路及びこれに接続する土場における作業並びにこれに直接附帯する行為を行う場合
  • 作業のための準備・後始末、機械等の保管、作業の打ち合わせ等を通常行っている場所における作業及びこれに直接附帯する行為を行う場合
  • 集合解散場所と森林の中の作業地の間の移動及びこれに直接附帯する行為を行う場合
  • 作業に使用する大型の機械等を運搬する作業及びこれに直接附帯する行為を行う場合
  • 台風、火災等の突発事故による緊急用務のために作業地又は集合解散場所に赴く行為を行う場合
オ.医薬品の配置販売業者
  • 住居を出た後の最初の用務先からその日の最後の用務先までの間において行う医薬品の配置販売業務及びこれに直接附帯する行為並びに医薬品の配置販売業務を行うために出張する場合(住居以外の施設における宿泊を伴う場合に限ります。)
カ.再生資源取扱業者
  • 再生資源を収集、運搬、選別、解体する等の作業及びこれに直接附帯する行為を行う場合
  • 再生資源を収集、運搬するために行われるトラック等の貨物運搬用車両等を運転又は操作する作業及びこれに直接附帯する行為を行う場合
  • 台風、火災等の突発事故による緊急用務のために、再生資源の集積場所等に赴く行為を行う場合
2.通勤災害について

 通勤災害については、一般の労働者の場合と同様に取り扱われます。

 ただし、次に掲げる一人親方等については、住居と就業の場所との間の往復の実態が明確ではないこと等から、通勤災害の保護の対象となっていません。

ア.個人タクシー業者及び個人貨物運送業者
イ.漁船による自営漁業者

[労災保険法上の通勤とは]
 労災保険法上の通勤とは、就業に関して、(a)住居と就業の場所との間の往復、(b)複数の事業場で働く労働者における就業の場所から他の就業の場所への移動、(c)単身赴任先住居と帰省先住居との間の移動を、合理的な経路及び方法により行うことをいい、業務の性質を有するものを除くものをいいます。

 また、通勤の合理的な経路上で逸脱又は中断したときには、日用品を購入する等の日常生活上必要な行為でやむを得ない事由により行うための必要最小限度の場合を除いて、逸脱・中断の間及びその後は労災保険法上の通勤とはなりません。