労災保険に関する情報の提供を行うとともに、各種支援を行っております。

労働保険料についての不服申立て

労働保険料についての不服申立て

 労働保険料に関する決定に不服のある方は、行政不服審査法の手続により不服申立てを行うことができます。

 労働保険料の決定に関する不服申立てについては、これまで異議申立ての決定後でなければ審査請求を行うことはできませんでしたが、平成28年4月1日から異議申立てが廃止され、直接、厚生労働大臣に対して審査請求を行うか、取消訴訟を提起するかを選択できるようになりました。

 審査請求は、処分のあったことを知った日の翌日から起算して3か月以内に厚生労働大臣に対して行います。
 ただし、処分のあった日の翌日から1年を経過したときは、提起することができません。

訴訟との関係

  労働保険料の決定に関する取消訴訟は、平成28年4月1日から、処分があったことを知った日から6か月以内に提起することができるようになりました。
 ただし、処分の日から1年を経過したときは、提起することができません。