労災保険に関する情報の提供を行うとともに、各種支援を行っております。

保険料の申告・納付・負担(1)

(1)労働保険料

 労災保険と雇用保険を合わせて労働保険といい、労働保険の保険料には一般保険料、特別加入保険料、印紙保険料があります。

 一般保険料とは事業主が労働者に支払う賃金額を基礎として計算します。

 特別加入保険料とは労災保険の特別加入者の保険料、印紙保険料とは日雇労働被保険者の雇用保険印紙による保険料です。

 印紙保険料以外の労働保険料は、保険年度(4月から翌年3月まで)の初めに概算額で申告・納付し、年度終了後に確定額で申告し精算する仕組みをとっています。